2014年01月02日

2013年第64回NHK紅白歌合戦の感想

今回は「あまちゃん」の特別編があるということで最初から最後まで全て録画し、ライブでもずっと見続け元日に録画を再チェックまでしてみた。

あまちゃん以外はあまり期待していなかったけど、紅組司会の綾瀬はるかの破壊力が凄すぎて目が離せなかったw

ということで、感想というか、小ネタ集を書き綴ってみました。はっきり言って長いです。




【前半戦】

・プロジェクションマッピングってそんな感動しないよね。

・オープニングの曲からあまちゃん全開w

・有働さん、胸元に輝くネックレスは、琥珀?

綾瀬ちゃん「2013年も残すところあず、あとわずか」www

・有働「あまちゃんビッグスペシャルバンド」(正確にはスペシャルビッグバンド)

綾瀬ちゃん、初っ端の浜崎あゆみの紹介で台詞が出ずにグダるw
 櫻井くんが必死のフォローw

綾瀬ちゃん、NMBを噛むw またも櫻井必死のフォローw

・副音声ゲストの林修先生、草gの「去年は紅白はどちらで観られていたんですか?」
 の問いに、「ええ自宅におりまして、自宅の居間でしょ」と100点の回答w

綾瀬ちゃん、二宮くんに「マイクぐーって握ってますけど」って突っ込まれるw
 突っ込まれた綾瀬ちゃん、二宮くんとの距離を明らかに広げるw

・審査員の杉良太郎、3代目JSBと伍代夏子のところで3回もコメントを求められる。





・あまちゃんコーナーPART1

 北三陸駅からの中継で、まめぶ汁を持つ人の親指がめっちゃ気になった件。

 スナック梨明日のショートコントがリアル実況時は見てられなかった件。

 あとで確認したら、テレビに出てる発言のあと、春子さんがグラサンを装着し
 髪を直したり身なりを整えたりの小芝居満載な件w

 鈴鹿さん、「うちでゆっくり忠臣蔵」www

 春子さんのところで二宮くんがナイスフェードアウトw





綾瀬ちゃんの「初出場」が「はつしゅちゅじょう」と危なっかしい件。

・藤あや子のステージで壇蜜が日本舞踊を披露。

・サカナクションの紹介で天野アキ再び登場。
 「ハイ!なので、 あ、 まだこっちに来ちゃいました!」と揺れながら喋るw
 どんな所が好きですかの問いに、
 「あぁおら海が好ぎだがらな。サカナって付ぐ物が好ぎなんだ。さかなうめーどー!」

・天野アギ、サカナクションに「たいしたもんだど思います。」

・美輪明宏とmiwa、夢の共演。美輪さんいきなり外国語でエールを贈り訳そうとするも
 綾瀬ちゃんが先走ってフォローできずw

・楽屋ロビー中継でくまモンとふなっしーが大暴れ。そして綾瀬ちゃん
 天童よしみの曲紹介で関ジャニと同じところを読み、曲名を言い忘れる。

・進撃の巨人の曲紹介で和田アキ子が呼ばれ、アニメで似てるキャラと比較されるw

・進撃の巨人の人演奏終了後に、審査員の片岡愛之助さんがコメントしてる横で
 杏さんが進撃の巨人の「心臓を捧げよ」のポーズを取ってた件。

・水樹奈々とTMさんの曲紹介でマツジュンが噛む。

・嵐リーダー大野くん、森進一の曲紹介でホッとして綾瀬ちゃんと一緒のフリを忘れる。

・審査員の阿川佐和子さん、綾瀬ちゃんの「絶妙の間」に触れるw

・関ジャニの大倉くん、太鼓の達人だけに大太鼓を任される。

・TOKIOの国分、カメラに向かってやるドヤ顔がむかつくw

・コブクロの「今、咲き誇る花たちよ」で流れたアスリートのみなさん。
 浅田真央ちゃん、高梨沙羅ちゃん、長島圭一郎、北海道銀行フォルティウス、
 真央ちゃん(2)、加藤条治、沙羅ちゃん(2)、平野歩夢、スマイルジャパン、
 上村愛子、フォルティウス(2)、羽生結弦、真央ちゃん(3)。

・有働さんの衣装は太巻ポーズをしないと脇汗があふれちゃいそうな件。

綾瀬はるか、「花は咲く」の冒頭挨拶で涙。和田アッコさんの見守る表情が優しかった。
 そして綾瀬ちゃんの歌った「花は咲く」、感動した。



・鉄拳のネタが完璧すぎた件www
 鉄拳「ネタやります。『こんな紅白はイヤだ!!』」
 有働「ごめんなさい鉄拳さん、ニュースが始まってしまいます。」
 鉄拳「ネタやろうと思ったら、カットになった。」(マンガのアナが武田アナ)
 武田アナ「では、ニュースをお伝えします。」





【後半戦】

・ももクロの登場で審査員の田中マーくんも登場。曲紹介の「だーゼーット!」も完璧。
 しかし曲終わりのももクロと一緒の「ゼーット!」では照れる。

・ゴールデンボンバーの「女々しくて」がカラオケランキング51週連続1位ってww

・樽美酒は最初のドラムのところから既に入れ替わっていた件。
 ドラムを降りて鉄棒の準備の時のプロテクター着けてるところがプロのそれだったw

・樽美酒研二の中の人は元体操選手の新島卓矢さんだった件。

・aikoの応援に駆けつけたももクロの紫の衣装が上下逆wwww
 流石の櫻井くんもオーバーフロー気味w

綾瀬ちゃん、「では、楽しみましょう! aikoさんで せーの! もも!」www

・楽屋ロビー中継PART2でふなっしー、くまモン、なめこと、塚地の大王イカが登場。
 うちの母「こいつうるせえんだよ。黄色いやつ」って毒吐いてた。

・コロッケ登場。五木ひろしからの森進一からの北島三郎からの、
 関ジャニ丸山くんの半沢直樹(似てたw)からの、
 綾瀬はるかの大野くんモノマネ「翔くん勝たなきゃ意味がないんだよ」www

・直後、氷川きよしの曲紹介でマツジュンまたも噛む。

綾瀬ちゃん、「八重の桜」の訛りがふなっしーと被っていることに気付くw

・TOKIOリーダーの城島くん、普通のコメントで笑いをとるw

・東北楽天優勝のくだりで田中まーくんがコメントした際、後ろにいた人が
 まーくんそっくりだった件。しかも泣いてた?

綾瀬ちゃん、和田アキ子の曲紹介にて
 「続いて紅組は和田アキ子さんで『今でもあなた』。秋元康さんが作詞した
 この曲の歌詞にはこんなメッセージが込められているそうです。」で曲へ。
 で、どんなメッセージ???





・あまちゃんコーナーPART2

 「暦の上ではディセンバー」で徳島が振り付けを間違える。

 天野アキ「腹黒ユイちゃん」で噛む。

 菅原さん「さだまさしがダラダラ喋ってるごろだべ。」www

 弥生さん、「わだす?」ではなく「あたし?」

 あまちゃん 第157回「おら、紅白出るど」

 鉄拳のパラパラマンガからの黒川タクシーNHKホール到着で鳥肌立った。

 正宗さん、警備員に止められる。

 ユイちゃんが東京にキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!。

 (個人的に)紅白史上最強の素人ユニット登場>潮騒のメモリーズの「潮騒のメモリー」

 天野春子ママ登場。前半の梨明日コントの衣装そのままに。

 鈴鹿ひろ美登場。海女カフェリサイタルバージョンを披露。

 最後はあまちゃんオールスターズで「地元に帰ろう」。

 警備員に止められていた黒川正宗さんも無事ステージに立つ。

 審査員のクドカンと宮本さんの後ろにヒビキ一郎登場wそれを春子さんが発見ww

 マツジュン、あまちゃんスペシャルステージを熱く語る。

 海女クラブのみなさん、アイドルマツジュンにベタベタ触るwww

 天野アキ「いづがまだ皆さんにお会いできる日を楽しみにしています・・・じぇじぇ!」



・クドカンがコメント求められてから次のドリカムに移るまでの時間、15分00秒。





・ドリカムの陸前高田中継で、吉田美和、歌う前から感涙中。MCは中村さんにお任せ。

綾瀬ちゃん、ドリカムに「じゃあ、盛り上がって、いきますか?」

・櫻井翔、審査員の岡田くんを「ぶっさん」と木更津キャッツアイの名前で呼ぶ。

綾瀬ちゃん、櫻井くんからの「大河ドラマでの長丁場の撮影を乗り切るアドバイス」
 というフリに「どうですか?」とか「いい感じですか?」とそのまま岡田くんに倍返しw

綾瀬ちゃん、「きゃりーぱみゅぱみゅ」は2回とも噛まずに言う。

・うちの母、きゃりーぱみゅぱみゅを肩車してた外人を「ボブサップ?」と言う。

・リーダー大野くん、綾瀬ちゃんの挑発「噛まずに言えますか?」に乗らず。
 「もちろん言えますけど僕は白組なんで言う必要ないです。」が、結局言わされる。

・広島出身の綾瀬ちゃんとPurfumeで舞台袖が広島弁だらけに。

・Purfumeの人体プロジェクションマッピングも正直すごいとは思えん。

・紅組はきゃりーぱみゅぱみゅからのPurfumeと連続でチーム中田ヤスタカ。

・ゆずの応援で「ごちそうさん」の杏と東出登場。
 あまヲタのマツジュンは感情のこもってないコメント。

・吾郎ちゃん、綾瀬ちゃんといつでも司会交代できるという大久保さんに対し、
 「日本中が求めてない」とばっさりw

・大久保さん、有働さんの前半戦金ピカ衣装にツッコミ。

・小林幸子の衣装装置は水森かおりに受け継がれた模様。

・南大東島ロケで櫻井くん「押すなよ、絶対に押すなよ」www

・美輪明宏さん、年に1度の変身。

・歌う前のAKB48大島優子、指原のコメント「みんなで踊れる楽しい曲になっているので」
 とのコメントでいきなり笑ってる。総監督高橋みなみは難しい顔。なんかあった?

・こじはるだけ衣装チェンジがスリーテンポくらい遅い件。

・大島優子と秋元康とNHK、場を考えず紅白で突然卒業発表。
 高橋みなみは複雑な表情。柏木由紀は無表情。

・「ヘビーローテーション」でおでこに「研」の字を描いてるメンバーがいた。

・台湾からの中継で思いっきり「HTC」の文字が。アップルといい宣伝丸出し。

・台湾のフェス司会女性、福山雅治に「カッコいい!電話番号教えて!」ってwww

・泉谷しげる「おい!手拍子してんじゃねぇよ!誰が頼んだよこのヤロー!」w
 しかし風吹ジュンがノリノリで手拍子してたwww

・泉谷しげる、退場時にギターを放り投げるw

・うちの母がクリス・ハートさんを見て一言
 「この人、きゃりーぱみゅぱみゅを肩車した人だ」

・松田聖子の「あなたに逢いたくて」が思った以上にくどい歌い方だった件。

・高橋真梨子の「for you・・・」がよかった。

・二宮くん「いやぁ4回司会してるとリラックスできるのかなと思ったけど
 やっぱ緊張しましたね。」というのは紅組司会が関連してるのかな?w

・SMAPのメンバー、残り4人はちゃんとマイクを口元に固定させているけど、
 中居くんだけマイクと口元との距離感が移ろいやすくなってたw

・SMAPメンバー、「Joy!!」は生歌で歌っていた。

・キムタクが審査員席まで降りていって、岡田くんに「Joy!!」を歌わせてた。

・北島三郎、紅白50回出場最後のステージ「まつり」はドラゴンに乗って登場。

・首が上下するドラゴンなのでサブちゃんの前には手すりがあって一安心。

・北島三郎と歌唱中に握手したリスト。
 五木ひろし、藤あや子、五代夏子、天童よしみ、坂本冬美、香西かおり、水森かおり、
 五木ひろし(2)、松本潤、大野智、細川たかし、二宮和也、相葉雅紀。
 森進一とは最終投票の時に握手してた。

・審査員が票を投じる時のおねえさんの一人が既に大久保さんに入れ替わっている件。

・各曲ダイジェストでの「潮騒のメモリー」が完璧すぎて感動した。
 「来てよ♪」(潮騒のメモリーズ)
 「その川♪」(天野春子)
 「乗り越えて♪」(鈴鹿ひろ美)

・客席審査員票、視聴者審査員票のところで、黒川正宗の娘と愛人が夢の再会。

・最終結果発表からエンディングまで、ずっと櫻井くんが黒子に徹していた件。

・「蛍の光」の指揮として平尾昌晃登場。天野アキとのツーショットで、
 「カナダからの手紙(ラブレターフロムカナダ)」と「ペンフレンドはバンクーバー」


おわり
posted by 雑用係 at 01:40| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

今更「笑ってはいけない」見た

・ELTの伊藤さんwww「二股ですか?」「俺はお前をマジで愛している」www

・関根さんのおすぎwww

・あたりまえ遠藤www

・KU・・・KR・・・www

・コシノジュンコみたいwww

・子ゴリラwwwwwオスゴリラwwww

・皿の乗ってるwwww

・揚げたららwwww

・長州wwww天龍wwww

・好きなタイプは無口で変態でwww

・遠藤家族と千秋wwww

・東幹乃平の謝罪文www

・ほちぃwwwwwwwwww

(遠藤と森崎が共演した熊本の番組、偶然見てたわwww)

・元嫁の暴露wwwwwwwwwwwwwwww




以降は不発だったなぁ。
posted by 雑用係 at 00:17| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

荻原次晴のスポーツブレイク3月号

放送日:2012年03月21日

司会:荻原次晴、遠藤玲子
ゲスト:猿渡亮(アイスクロスダウンヒル)
茂木スポ:茂木淳一

オープニングトーク:花粉症の話&名付けの話

【ゲスト登場】
【クイズ】
【紹介VTR】
次晴「これは日本は行政が許さないだろうなぁ。」
【最終戦VTR】
【マテリアル紹介】
猿渡「アイスホッケー用の靴とは刃が違う。アイスホッケー用を使うこともある。」
猿渡「グローブはラクロス用。アイスホッケー用のも使う。」

【茂木スポ】(雪合戦後半)
雪球製造機は独占企業。1台8万円。
競技者は自分で雪球を作らなければならない。
茂木「なんか和菓子みたい。」

【アイスクロス・ダウンヒル猿渡亮選手の「体当たり人生」】
猿渡「母親の影響で水泳、剣道、サッカー、アルペンスキー、アイスホッケーを習ってた。」
猿渡「自分からお願いしてやらせてもらったのは唯一「塾通い」。」

猿渡「この競技にプロはいない。(全日空勤務中)」
次晴「だからマテリアルにANAの文字が。」
猿渡「伊丹空港勤務です。」

猿渡「日本の予選はリンクでタイムトライアル。本戦とはだいぶ内容が違う。」

【軍師次晴の野望】
猿渡「『日本男児の男らしさ』を伝える方法」
次晴「『日本の歴史を大いに語れ!!』出来れば邪馬台国の卑弥呼から!一番は昭和時代!」
猿渡「『×』
猿渡「邪馬台国から昭和まで英語で語る自信がないw」

【FAX】
次晴「テクニカルなほうがいい?」
猿渡「そうですね。」

【座右の銘】
猿渡『同じチャンスは二度と来ない!!』

結論「母親は偉大。」

【遠藤玲子の今月のイチオシ!】
『どんなときも。』

【茂木さん登場】
【今月の1枚】



次晴「前身から11年続いてきたこの番組、今回でひとまず終了。」

俺「工エエェェ(´д`)ェェエエ工工!!! 終わっちゃうのかよ!!!」
posted by 雑用係 at 13:30| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

荻原次晴のスポーツブレイク2月号

2012年2月22日 22時〜

司会:荻原次晴、遠藤玲子
ゲスト:畑中みゆき(フリースタイルスキーハーフパイプ)
茂木スポ:茂木淳一



(今回はかなり省略で。元々は近代五種の女子選手が予定だったはずだけど?)



【OPトーク】
遠藤レイチェル懐妊話。予定がロンドン五輪あたりなので活躍した選手から一文字いただくか?



【畑中みゆきの復興活動】
震災直後からの復興支援活動を語る。



【茂木スポ】
北軽井沢で雪合戦(前編)



【畑中みゆきの人生】
バスケットボール → ハンドボール → モーグル → ハーフパイプ

(次晴とレイチェル、8ヶ月前に三星マナミ選手を呼んでハーフパイプの話を聞いたりVTR見たりしてたのに、なぜかレイチェルがハーフパイプ知らないていで話を進めている。なぜ?)



【座右の銘】
「しつこくっ!!あきらめない!!復活塩竈」


【次晴の今月のイチオシ!】
「Greatest Love of ALL」byホイットニー・ヒューストン



【今月の一枚】
草津スノーフェスティバルの模様。



次回:3月21日20時より (次回は生放送っぽいな。)
posted by 雑用係 at 23:47| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

荻原次晴のスポーツブレイク1月号

放送日:2012-01-18

司会:荻原次晴、松村未央
ゲスト:八木沼純子(フィギュアスケート)



【オープニングトーク】
次晴「今日はレイチェルではないんですか?」
松村「今日はピンチヒッターで来ちゃいました。」
次晴「今日遠藤玲子アナはどうしたんですか?」
松村「扁桃炎で、声が出ないという状態が続いてるんです。」
次晴「ということではじめまして。ニックネームはミオパンでよろしいですか?(はい)」



【ジュンジュン登場】
次晴「ジュンジュンはミオパンとは?」
八木沼「フィギュアスケートの仲で。現場でお世話になっております。」
次晴「去年の全日本フィギュアでレイチェルと出てた方はこの方ですか?」
松村「そうです。あ、今ピンと。」
次晴「(松村を見て)実物のほうが綺麗ですね。そういう風に言われますか?」
松村「はい、実物のほうがいいとマツコ・デラックスさんに言われましたw」
八木沼「(松村を指して)中国語しゃべられますよ。」
八木沼「私、第二外国語中国語だったんですけど、すっかり遥彼方に行っちゃってますから。」
八木沼「昨季の四大陸選手権が台湾であって、そこでも一緒だった。」
八木沼「やっぱ若いから記憶に残ってる。次晴さん、ここ(二人を指す)」
次晴「我々もまだ若いと言ってもいいんじゃないですか?」
八木沼「あれ?あれwそうですかwいいんですかw」
次晴「我々もまだ若いんですよ。」
八木沼「ちょっと無理があるw」
次晴「(松村に)フジテレビに入社ということはあの大学ですか?Kで始まる。我々はWということで。」



【四大陸フィギュアクイズ】

・四大陸フィギュアスケート選手権は「ヨーロッパ」を除くアフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの4つの大陸の国と地域が参加する大会。
 (全員正解)
次晴「これ、以前ジュンジュンに教えてもらいましたから。」
松村「ヨーロッパ選手権というのもありますしね。(ジュンジュンやば気な表情w)」

・発祥が「1891」年という歴史と伝統を持つ「ヨーロッパ」選手権に対抗するタイトルとして1999年から始まった、比較的新しい大会である。
次晴「1911年!」
松村「1881年。」
八木沼先生「1901・・・ちょっと待って! 1891年。」
 (ジュンジュン正解)
八木沼「知ってたもん!知ってたもん!知ってた!演技演技今のw知ってた知ってた(どや顔)。」

・1999年2月に、カナダのハリファクスで行われた第1回大会では男子シングルで日本の「本田武史」選手が金メダルを獲得している。
 (全員正解)
次晴「佐野さんはもうこの時引退してますよね?」

・今年は、アメリカ・コロラドスプリングスで開催されるが、海抜1840mの高地の為、リンクサイドには「酸素」缶が用意されている。
 (全員正解)
八木沼「もうね、倒れたりする人がいるんですよ。高いところでやると。」
八木沼「コロラドで試合したことないので、今回初めて行くんですけど、選手大変だと思います。」

・ちなみに、高地であることがトレーニングに適しているという理由から、アメリカ「オリンピック」委員会の本部とトレーニング施設があることでも有名。
 (ジュンジュン正解)
次晴「ニューヨークとかじゃないんですね。」



【女子シングル特集】
(四大陸&ワールドの代表の顔写真。もうちょっといい写りのもの使えなかったのか。)
次晴「ぼく個人的に今井選手を応援してるんですよ。うちの娘もハルカと言いますんで。」
八木沼「今アメリカで佐藤有香ちゃんのところで(ちゃんって言っちゃいけないか)練習してます。」
次晴「佐藤有香さんも全日本フィギュアでテレビでいっぱい見ましたよ。家族で活躍されてる。」
八木沼「佐藤信夫先生、久美子先生、有香ちゃんって並んでると、昔を知ってるのでおかしくて。」
八木沼「だから3人同じ仕草をしてるとか、それを思って一人で解説席でニヤニヤしてましたw」

(村上佳菜子・全日本SPの映像)
八木沼「なかなか言えないですよね。今日は100点ですって。それくらいいい演技でした。」
松村「滑り終えた時のパーッとした笑顔が、私はすごく印象的で、本人も満足したんだなって。」
次晴「本当にこの選手は人を元気にさせる力をすごく持ってるなというのを感じます。」
八木沼「今シーズンはスケート靴が合わなくて、全日本にようやっと間に合った。」



【教えて!ジュンジュン!(その1)】
質問「シーズンごとに新しいテーマを演じなくてはいけないフィギュアスケーターにとっては、『イメージチェンジ』も避けて通れない道・・・。でも選手自身が練習や試合で『あーこのキャラスベってるな』と思うことってないんでしょうか?」

八木沼「なかなか答えづらい質問ですね。」
次晴「ファンから見てると、たまに、この選手は、これじゃない方がいいんじゃね?とか」
松村「この選手はこういうイメージだったのに、あ、今年は違うんだな。と感じる時はあります。」
八木沼「選手側の思いから言うと、自分で決めて、できたー!どうだー!って見せた時に、
    回りから、この曲変えたほうがいいかもしれないね。って言われたりすることも。
    で、えーだって今年はこの曲でやりたかったんだもん!ってw」
次晴「シーズンの途中で変えられるものなんですか?」
八木沼「同じようなところで争ってる人と、同じ曲になっちゃう場合もあります。」
八木沼「それはしょうがないと言ってそのまま戦う人と、次戦までに変えちゃう人もいます。」
八木沼「あとは衣装を変えちゃう人とか。イメージを変えるために。」
次晴「日本では客にウケるんだけど、アメリカのファンの前ではどうなのかなとかあります?」
八木沼「欧州でウケるのと、北米でウケるのは違いますよね。」
八木沼「ワールドの開催地に合せて曲選びとか。」
次晴「(例)荻原さんは今シーズンこの曲で来た。たぶんワールドが○○だからそうしたんじゃ?みたいなコアなファンはそこまで考えてるんですか?」
次晴「料理みたいですね。BBQソースはアメリカだろ!照り焼きの方が!とか。」
八木沼「少なからずあります。ジャッジは全員欧州かと言われればそうではないけど。」
八木沼「周りの観客たちの反応とか、どう会場が盛り上がるとか。」
八木沼「その辺も汲み取って見てください。」
次晴「分かりました。やめます!黙って見てます!」



(鈴木明子・全日本FSの映像)
次晴「村上選手と対照的に、悔しいと言う言葉が。」
八木沼「あそこまでガタガタガタッと崩れてしまうのは久しぶりに見ました。」
次晴「グランプリファイナルも良かったですよね?」
八木沼「間が開いてなかったので少し疲れもあったのかな?本来の力ではなかった。」
次晴「バンクーバーで幸せそうに踊ってた。昨シーズンはのどの渇きというか、見られなかった。」
八木沼「先シーズンからはガラっと変わってきた。戻ってきたなと。」



(浅田真央の時に、先に母の死に触れ、会場入り・記者会見の映像)
八木沼「非常に落ち着いてた。ずっとアスリートの顔のまま。あれがすごいなと思いました。」
松村「(会見のインタビュアーがレイチェルで)遠藤さんのほうが緊張してました。」
八木沼「いつもはいろんなところからコメントとられるけど、今回は会見になった。
    その会見、遠藤さんが取り仕切っていた。二人が1対1みたいな感じだった。」

(浅田真央・全日本FSの映像)
八木沼「そうか、こういうプログラムだったんだなと。」
松村「トリプルアクセル跳ぶか跳ばないか話題になってましたけど、本番でなぜダブルに?」
八木沼「SPの時は、佐藤信夫コーチには何の相談もせず自分で決めた。」
八木沼「FSの時は、信夫先生が『真央ちゃん、ちょっと待って』ってたぶん。」
八木沼「信夫先生と浅田選手の気持ちが一体化してきた。と思う。」



【教えて!ジュンジュン!(その2)】
質問「浅田真央選手の今季の大きなテーマは『スピード』だそうですが、選手は自分が滑っている時に、どのくらいのスピードが出ているかどうやって知るのでしょうか?」

八木沼「氷によっても違うんです。スピードの出方が。」
八木沼「一歩滑り出しただけで、うわーすごく滑る氷だなっていうのもあれば、
    押しても押しても滑らない氷もある。」
次晴「代々木の氷はどうですか?」
八木沼「代々木いいと思いますよ。場所によって国によって違う。」
八木沼「スピードが出れば出るほど疲れない。そのスピードに乗っていけるので。」
八木沼「ただスピードを制御できないとジャンプの時にパンクしたりする場合もある。」
次晴「銀盤ですけど選手は何かを見てスピード出てる出てないを感じてるんですか?」
八木沼「大体フェンスから周りの景色を見て判断。自分の腿が判っている。」
八木沼「ステップ踏んでるときに、どんどん乳酸が腿に溜まってきて、足が前に進まない。」
次晴「スピードは腿に聞け!」

八木沼「でも腿に溜まった乳酸は、そこから取り出して肌に塗ると、絶対いいと思う!」
(スタジオ爆笑)

次晴「そんなw 何の話ですかw その乳酸ですかw」
八木沼「乳酸菌の乳酸ですよ。」
次晴「乳酸菌じゃないでしょ乳酸はw」
八木沼「一緒一緒!」
次晴「誰か抽出してw」
八木沼「私ね、その機械を開発したらすごく売れると思う!」
次晴「このミルクは浅田選手のです!とか?」
八木沼「お肌プルップルになると思いますよ!」

(乳酸話の間、ずっとドヤ顔の八木沼ジュンジュンw)

次晴「四大陸のコロラドは標高が高いですよね。標高高いところはスピードが出るんですよね?」
八木沼「スピードもそうだけど持久力の競技なので疲れちゃうんですよ。」
八木沼「ジャンプも高いしスピードも速いし最初は気持ちいい。」
八木沼「中盤から後半にかけて、すんごいきついと思います。」
次晴「じゃあステップの時に足がもつれて転んじゃう選手もいるかも。」
八木沼「荒川静香ちゃんに聞いたら、『あそこはすごいですよ』と。相当キツいみたい。」
次晴「ぼくもコロラド周辺でスキーの大会ありましたけど、いつものペースで行くと
   頭がカチーンとなるくらい苦しくなります。なりました。」



【茂木スポ】茂木淳一
タグラグビーに挑戦
(ロケ的にあまり面白くなかったのでバッサリ書き起こしカット)

(VTR終わり)
次晴「ミオパンはスポーツは得意なんですか?」
松村「スポーツは好きでテニスやってました。走るのも割と速くて幼稚園からリレーの選手を。」
松村「でもよく運動音痴そうって言われて、信じてもらえないw」
八木沼「図書委員っぽい。メガネをかけて、キリッ!って感じ。」



【男子シングル特集】
(四大陸&ワールドの代表の顔写真。高橋羽生は競技時の写真。小塚町田無良は宣材写真。)
八木沼「今回織田信成選手が右ひざの故障で全日本欠場と言うことで。」
八木沼「今回気になるのが、羽生くん!」次晴「その通り!」
次晴「僕なんかから見ると、かわいらしい。」
八木沼「そう、外見はかわいらしい。でも、喋ってみると、意外と男(漢)。ザ・漢。」

(羽生結弦・全日本FSの映像)
八木沼「日本の4回転跳ぶ選手の中で一番成功率の高い選手。」
八木沼「会場で見てても、会場全体を食ってしまうっていう気持ちがすごく強い。」
八木沼「羽生君のうしろからウワーッ!!って出てくるものが、すごい勢いとか風とか。」
松村「高橋選手が自分の演技終えたあとにずっと見てて、場を変える事の出来る選手だと絶賛。」
八木沼「高橋選手もすばらしい。あのスケートをもらいたい。」
八木沼「滑ってる人間が一番感じるので、(次晴に)ありませんでした?これは敵わないとか。」
次晴「近くにいました。そういう人。あの人そういう力持ってました。」www
(ジュンジュン、やらかしたって感じの表情w)

(小塚崇彦・これまでいろんな番組で散々見てきた北米トレーニング密着映像)
次晴「八木沼先輩!恥ずかしがり屋を克服するにはどうしたらいいんですか!」
次晴「恥ずかしがり屋でフィギュアスケーターはどうなんですかね?」
八木沼「小塚選手は職人タイプ。匠の技で魅せていくというか。」

【教えて!ジュンジュン!(その3)】
質問「シーズンオフのプログラム作りのときに出てくる必ず出てくる振付師ですが、やはり『超売れっ子』ともなると全ての選手を全力で振付けは出来ないんじゃないでしょうか。
やはり、振付けにも『松・竹・梅』みたいなランクがありますか?」
(ジュンジュン、リアルで困ったような表情w)

次晴「だって振付師の方だって、これで飯を食ってるわけですから。」
八木沼「いやいやいや、みんな全力投球ですよ。」
八木沼「日本選手がここまで引き出しが増えていろんな表現をするようになったのは、海外とのルートが多くなったからと言えるんですね。」
八木沼「今まで自分が持っていたものと違う新しいものを提供してくれる。技術の引き出しがどんどん増えていく。」
八木沼「そのためにそれだけのお金を払うのであれば、それは自分の為のもの。」
次晴「なるほど。自分に投資することも必要なわけですね。」
八木沼「選曲、振付け、衣装、メイク、トータルで見てくれると言うのがありますよね。」
(ここまでジュンジュンほぼノンストップでしゃべり倒す。)

次晴「でも、この質問は、投資したのに自分より上に竹の人も松の人もいるじゃないかと。」
次晴「果たして先生は私のことを本気で見てくれているの?と心配にはならないんですか?」
八木沼「それは見てくれているわけです。」
八木沼「そう思ったということは次に自分には何が足りないのか。勉強です勉強。」

次晴「浅田選手にはタラソワさん、安藤選手にはモロゾフさん。振付師の名前を覚えました。」
次晴「日本の振付師の方は、正直知らないんです。どんな方がいらっしゃいますか?」
八木沼「最近若いプロスケーターに振付けしてるのは、ケンちゃん、宮本ケンちゃん(宮本賢二)。」
次晴「宮本のケンちゃんはウィキペディアでわかりますね?あとで調べてみます。」
八木沼「全日本のアイスダンスの解説もやってます。」
八木沼「フィギュアスケートはコーチが振付けしたりもする。コーチ兼振付師。」
次晴「と言うことは振付師にお願いしてない選手もいるんですね?」
八木沼「私なんかは福原美和というコーチに習っていたんですが、先生は欧米のショーでずっと滑っていたので、足の技術が非常に多かったです。」
八木沼「あとはアイスダンサー。モロゾフさんも元々そう。」
八木沼「アイスダンスの方は足のテクニックというか、魅せる、表現力がうまい。」

次晴「じゃあこの質問に対しての答えとしては、松竹梅関係ない。」
八木沼「関係ない!」(もはや勢いでごまかしているジュンジュンw)

(高橋大輔・全日本SPの映像)
(某実況スレ情報:高橋選手は今季4Tを跳ぶ前に腰・背中に手を当てると。メモメモ)
次晴「高橋選手のSPは、西岡アナの雄たけびから始まったと言う印象がすごく強かった。」
次晴「シャウト!でしたね。」
八木沼「本田武史君も西岡くんもあそこまでトーンが上がるの今までなかったからw
八木沼「見ててワオ!ってすごさが伝わってくる。」
松村「もうしびれましたね。かっこよかったです。惚れちゃいましたね。みんな惚れてましたねw」
八木沼「高橋選手は周りに振り回されることはほとんどないですね。」
次晴「フィジカル的にも精神的にも落ち着きと言うのはプライベートうまく行ってるんですか?」
八木沼「それは今度(本人に)聞いてみてくださいw男同士のw」
松村「プライベートが充実すると演技にもこう出るんですか?」
八木沼「出る選手と出ない選手がいます。」
次晴「高橋選手は出ますか?」
八木沼「出るかな〜?」
次晴「まぁこのくらいにしましょうかw」



【シーズン後半のフィギュアスケートの見所byジュンジュン】
「変化の完成黒ハート!」
(ハートのマークは明らかに字を間違って塗りつぶした跡wたぶん「度」)
八木沼「みんな変化していってるシーズンじゃないかと。その完成度が四大陸と世界選手権に。」
八木沼「小塚選手のナウシカ、高橋選手のショート・フリー合せて、羽生くんの4回転」
八木沼「真央ちゃんも佳菜子ちゃんもあっこちゃんも!どうなんだろう!」

次晴「今こんなにいい選手がいるのって日本だけじゃないんですか?」
八木沼「ロシアもすごいですよ(どや顔)。ただ充実度で言うと日本もすばらしい。」
八木沼「若手は今世界のトップで戦ってる選手を自分の目で見て私も僕もあそこに行きたいとがんばれるしいい環境だと思う。」
次晴「ジュンジュンを見て育った人がこの2月と3月の選手権に出場して、その大会を見て若いジュニアが。いい流れがありますね日本は。」



【茂木淳一 今月のイチオシ】
「春咲小紅」by矢野顕子
次晴「懐かしい!」



【エンディングトーク】
次晴「スキー出来ますか?」
松村「人生で一度やったことがあります。」
次晴「1回しかないんですか?あんな楽しいスポーツを一度しか体験してないんですか?」
次晴「寒いところは大丈夫ですか?」
松村「大好きです。」

次晴「さて今日はレイチェルがのどの調子が悪いということでピンチヒッターで来て頂きました。」
松村「楽しかったです。あっという間でした。」
次晴「フィギュアスケートお好きですから。」
松村「私本当に好きで、実はアメリカに住んでいた時に、半年くらい習ってたんですよ。」
次晴「元フィギュアスケーターですか???」
松村「フィギュアスケーターとまではいかないですw」
次晴「それフジテレビの皆さん知ってるんですか?」
松村「知らないと思いますw」
次晴「先にそれ言ってくださいよ!!!」
松村「言えるほどのレベルじゃなくて恥ずかしくて言ってなかったんですけどw」



END



次回:2012年2月22日 22時より
posted by 雑用係 at 01:47| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする